キャロットクラブ“意外な”抽選結果

0
    帰宅すると“運命の封筒”が届いていました。
    シャワーを浴びて身を清め、謹んで開封。

    結果は……。

    最優先/バランセラ   =○
    一 般/グッドゲーム  =○
    一 般/フサイチパンドラ=○

    これぞビギナーズラック?
    全滅も覚悟していただけに、この結果は幸運でした。

    ご一緒の皆様、どうかよろしくお願いいたします。
    (hiloxx)

    キャロットの“まばゆい”募集馬たち

    0
      昨年末に入会した「キャロットクラブ」ですが、
      今年度募集馬の締め切り(第1次)が迫っています。
      現在の出資馬4頭は、
      入会時期の関係からいずれも2次募集での出資でしたので、
      今回が初めての抽選へのチャレンジでもあります。

      これまでラフィアン、セゾンで出資してきた身には、
      まばゆいばかり(!)の血統、そして預託予定厩舎……。

      03:バランセラの10
      17:スルーレートの10
      49:グッドゲームの10
      56:フサイチパンドラの10
      57:ピノシェットの10

      このあたりから出資馬を選ぶ予定です。

      未経験で分からない部分もあるのですが、
      03、49、56はやはり抽選必至なのでしょう。
      この中の1頭を「最優先」に。

      1997年12月に入会したラフィアンからは、
      現役馬の引退と同時に撤退の予定。
      昨年秋のパーティーで引き当てた「出資馬20%引き券」も
      残念ながら権利を放棄するつもりです。
      (hiloxx)

      ラフィアンから届くクリーム色の封筒は?

      0
        ラフィアンから届くクリーム色の封筒。
        会員の間では「不吉なもの」として知られている。
        というのも、中身は、
        【1】引退の通知
        【2】経理ミスなどの報告
        ――であることが多いからだ。

        今日、帰宅するとテーブルの上にその不吉な物件。
        「まさか、先日デビューしたマイネルリヒトが引退?」
        などと、よからぬ想像をしながら封を切ると、
        クラブ東京事務所に20年勤められた方からの退職のご挨拶だった。

        曰く、コスモビューファームが買収した「W」に移籍とのこと。
        「岡田の三男の下で働くことになりました……」
        という丁寧な手書きのメッセージも添えられていた。

        個人的な感慨で言えば、
        彼女の存在は私がこのクラブを諦めない理由のひとつ。
        丁寧なメール対応はもちろん、
        当方のいわば“業務改善提案”を受け入れ、実行してくださるなど、
        「残されたクラブの良心」のように思う存在だったのだ。

        貴重な人材を失うことによって、
        ますます「血の通った部分」を失ってしまうとしたら、
        このクラブへの愛情を保ち続けることが果たしてできるのか……。

        一時期“溺愛”したかつての恋人への思いが冷めるような感覚に
        (とても残念なことに)とらわれつつある。

        (hiloxx)

        ドバイの大富豪・モハメド殿下と同じ夢を見る…!?

        0
          日本ダービーに出走した所有馬デボネア号の応援に
          わざわざドバイから駆けつけたモハメド殿下――。

          ようこそ、私(hiloxx)の本籍地へ!
          (恥ずかしながら、東京競馬場を本籍にしています・笑)


          <JRA発表のコメント>

          ●H.H.シェイク・モハメド氏のコメント
          (アラブ首長国連邦副大統領兼首相・ドバイ首長国首長)

          「私は競馬を心から楽しんでいます。
          日本以外でもたくさんの国で馬を所有していますが、
          日本でも所有したいとずっと思っていました。
          その国で馬を持ち、日本ダービーに出る意義は大きいです。

          今回、愛馬が日本ダービーに出走することになり、
          ようやく来日することができました。
          日本ダービーを観戦し、東京競馬場の雰囲気、
          そしてダービーを応援するファンの大歓声に感銘を受けました。

          私はホースマンであり、競馬とは何かを知っています。
          レースの結果がどうなるのかは、誰にもわかりません。

          でも、勝つことを夢見るのが競馬なのです。
          今年ダメなら、また来年、そしてまた次の年へと夢が続くのです。

          いつも夢を持てるのが競馬です。
          来年もぜひ戻ってきたいと思います」
          (JRA発表/ラジオNIKKEI・競馬中継webより)


          ★想像もつかないほどの大富豪?のコメントにしては、
           実に嫌味がなく、シンプル。
           当然、負けを悔やむこともなく、
           “黄金の国”のダービーデイを心の底から楽しまれたようです。

          「勝つことを夢見るのが競馬なのです」のところでは、
           不覚にも“感動”――。

           殿下! その夢なら、私も同じ夢を持っています。
           と、心の中で(こっそり)握手を求めてみたくなりました。

           雨の中を走り切った馬たちに拍手……!
           関係者の皆さま、お疲れさまでした。

          (hiloxx)

          実は、家族が増えました

          0
            しばらくご無沙汰している間に、
            家族が増えてしまいました。
            もちろん、毛深く顔の長〜い子どもたちです。

            【セゾン】
            ウメノアスコットの09

            【キャロット】
            プリンセスカメリアの09
            マチカネベニツバキの09(地方競馬)

            これで、家内の出資馬1頭を合わせると、
            09年産は8頭――。
            日々の飼葉代をまかなうため、
            まずは人間が仕事、仕事!

            そして彼ら、彼女らがデビューした暁には、
            共に稼ぐ“同志”となるのです。

            大きな仕事、してほしいな〜!

            (hiloxx)

            急死のバクシンオー、他人事とは…

            0
              死因は心不全とのこと。
              同じく心臓に“古傷”を抱える身としては、
              他人事とは思えません。
              ま、幸い「職業=種付」ではありませんが(^_^;)
              合掌。

              イサベルの敗戦ショックのため(?)
              2カ月以上、放置してしまったブログですが、
              この間にすっかりこの国の様相も変わってしまいました。

              果たしてこんな再開のしかたでよいのでしょうか。
              「……」。

              (hiloxx)

              ご愛馬の無事と活躍をお祈りいたします

              0
                明けましておめでとうございます。
                本年もよろしくお願いいたします。

                この年末、新たにキャロットクラブに入会しました。
                先輩の皆さま、どうかよろしくお願いいたします。

                届いた会報を読んで、現時点での“勢いの差”を実感――。
                とくに最近のラフィアンは、
                冒頭からお詫び、釈明が定番化していたように思います。

                出資1頭目は、スルーレートの09。
                小柄な牝馬ですが今後の成長に期待です。

                最後になりますが、
                今年一年、
                皆さまのご愛馬の無事と活躍をお祈りいたします!

                hiloxx拝

                調教師という“資産”を軽々に手放しては……

                0
                  マイネソーサリスの09は、
                  入厩予定先が栗東の佐々木晶三厩舎から美浦の奥平厩舎に変更になりました。
                  (12/2・クラブHP「近況」より)

                  ★伝統的にトップダウンの組織とはいえ、社内に異を唱える人はいないのでしょうか?
                  愛馬トレースに続き、同じく佐々木晶三厩舎に預託される予定だった1歳馬が、
                  「転厩」になる――とのこと。

                  やはり「意見の相違」がその理由なのでしょう。
                  「お前のところの馬は二度と預からん!」というような幕切れだとすると、
                  腕の立つ調教師という貴重な“資産”を失うことになってしまいます。

                  某掲示板に「調教師も騎手も優秀な順に離れていく」という書き込みがありましたが、
                  残念ながらまさにその通り――。
                  あの“偉大な父”を反面教師として、人の意見を聴く姿勢が備わればよかったのですが。
                  (hiloxx)


                  calendar
                  1234567
                  891011121314
                  15161718192021
                  22232425262728
                  293031    
                  << December 2019 >>
                  thermometer cat ?
                  selected entries
                  categories
                  archives
                  recent comment
                  recent trackback
                  links
                  profile
                  search this site.
                  others
                  mobile
                  qrcode
                  powered
                  無料ブログ作成サービス JUGEM