ドリームルパン、引退

0
    出資馬の一頭、ドリームルパンが登録を抹消。
    引退が決まりました。

    屈腱炎〜幹細胞移植手術を経て、
    22ヵ月ぶりに臨んだレースで最下位に敗退。
    その後、患部に熱感がみられ、
    屈腱炎が再発――。
    想定していたうち「最悪のパターン」にハマる結果に。

    幹細胞移植手術前には、
    クラブから「この馬のみの解約を認める」という
    異例の配慮があっただけに、
    すべては、可能性に賭けた「自己責任」……。

    父;ムーンバラッド、母父;バンブーアトラス。
    「冗談のような血統」にも関わらず、
    2戦目できっちり勝ち上がってくれたように、
    ある種の“底知れなさ”を感じていたのは事実なのですが、
    結局、見る目がなかったということでしょう。

    長い闘病生活〜復帰に向けた調教によく耐え、
    帰ってきてくれたドリームルパン。
    せめて「良馬場」であれば……が心残りです。
    (即引退にはならなかったかもしれません)

    あなたには、ツキがなかったですね。
    穏やかな余生を過ごせることを祈ります――。
    お疲れさまでした。
    (hiloxx)

    ドリームルパンが“22ヵ月ぶり”に復帰戦を迎えます

    0
      ■今週の愛馬出走

      ドリームルパン 福島8R/3歳上500万下/田辺裕信J

      このブログを立ち上げるきっかけとなったのは、
      ドリームルパンの屈腱炎からでした。

      当時、厩舎の運動のさせ方がより重篤な症状をもたらしたのでは?
      という疑念を払拭できず、
      自由な発言場所をつくっておこうと考えたのです。

      それから、22ヵ月。
      かれこれ2年ぶりにドリームルパンが帰ってきます。
      たかだか500万クラスの馬に対する、
      異例とも思える幹細胞移植手術を乗り越えての一戦――。

      言うまでもないことですが、まずは無事に。
      そして内心では「○○万馬券」に期待しつつ見守りたいと思います。

      尾関調教師はじめ関係者の皆さま、
      ありがとうございました!
      (hiloxx)

      術後の経過は順調(ドリームルパン・近況)

      0
        競走馬総合研究所常磐支所に滞在中。
        現在は曳き運動と温泉療法も取り入れて様子を見ています。
        引き続き定期的にエコー検査を行っていますが、
        今のところ特に問題無く順調に回復してる様子です。
        尾関調教師は「曳き運動と温泉療法で様子を見ています。
        今のところ経過は順調で、体調も良くしっかり落ち着いて療養しています。
        来週には再度状態確認で現地へ行く予定です」とコメントしていました。
        もうしばらくはこのままのメニューを基本として進めていく予定です。
        (1/31・クラブHP「近況」より)

        ★「経過順調」は何より。
        それにしても、「術後」の馬が2頭とは…。
        (hiloxx)


        来週末ごろから軽い運動も(ドリームルパン・近況)

        0
          競走馬総合研究所常磐支所に滞在中。引き続き舎飼いにて様子を見ています。
          患部は定期的にエコー検査を行って経過を確認していますが、
          今のところ特に問題も無く順調に回復しているとのこと。

          尾関調教師は「熱感も増すこと無く、経過は順調と報告を受けています。
          最近では幹細胞移植手術後に、特に問題が無ければ軽い運動を進めて行くことが
          主流になりつつあり、同馬も今週末辺りからは運動を進めて行く予定となっています。
          くれぐれも無理はしないように引き続き経過を見守って行きたいと思います」
          とコメントしていました。
          今週一杯はこのまま舎飼いで様子を見ながら、
          週末辺りからは軽い運動も取り入れて行く予定です。
          (1/17・クラブHP「近況」より)

          ★狭い馬房暮らしから、ようやく空の見えるところに出られそう。
          師曰く「くれぐれも無理はしないように〜」。
          ぜひぜひ、そのようにお願いしたいところです――。
          (hiloxx)

          狭い馬房でじっと我慢の日々…(ドリームルパン・近況)

          0
            競走馬総合研究所常磐支所に滞在中。舎飼いにて様子を見ています。
            今のところ、特に患部が腫れたりするようなことはなく順調です。
            担当獣医は「細胞が定着するまでは個体差がありますのではっきりとは言えませんが、
            あと1週間程度は安静にしてそれから患部を確認したいと思います」とコメントしていました。
            担当スタッフの手を煩わせることなく
            落ち着いて治療に専念しているとのことで安心しています。
            もうしばらくはこのままの生活で様子を見ていきます。
            (12/27・クラブHP「近況」より)

            ★彼にとってはいまが一番つらい時期でしょう。
            早く広々としたところに出られるといいね…!(hiloxx)

            千羽鶴でも折りたい気分(ドリームルパン・近況)

            0
              ドリームルパン、今週中にも“幹細胞移植手術”へ

              12/14にセグチレーシングステーブルから
              競走馬総合研究所常磐支所へ移動し無事に到着しています。
              幹細胞の培養も予定通り進み移植手術を行う準備が整いました。
              早速手術の詳細なスケジュールを検討しています。
              早ければ今週、遅くとも来週には行う予定です。
              (12/15・クラブHP「近況」より)

              ★千羽鶴でも折りたい気分。ルパンに“幸運”が訪れますように…!(hiloxx)

              ドリームルパン、12月中〜下旬に手術へ

              0
                セグチレーシングステーブルに滞在中。
                今後予定している幹細胞移植手術に必要な細胞を、12/2に無事摘出されています。
                尾関調教師は「胸前から骨ずい液を摂取し、今後はそれを培養して移植手術を行います。
                2週間程度で培養するとの事でしたので、手術は今月中旬から下旬辺りには施す予定です」
                とコメントしていました。
                今後手術まではもう少しこのままの生活を送って備えていきます。
                (12/3・クラブHP「近況」より)

                ドリームルパン解約案内 「管理下」の誤変換はご愛嬌…

                ★12/10(必着)までに申し出れば「本馬のみの解約を認める」という文書が届きました。
                改めて規約を読むと「一頭だけの権利放棄」はできない仕組みになっていたのですね……。
                勉強になりました。
                クラブ曰く――手術は無料。復帰まで1年程度の見込み。
                治療期間中の預託料等は20〜25万円程度が見込まれ、途中で復帰断念のリスクもある。
                「さ、どうされますか……?」と。

                当方2口出資ですので、この間に予想される維持費は 24,000円〜30,000円程度。
                調教師が“見込んだ”馬の将来に賭けてみるには、妥当な金額かもしれません。(hiloxx)

                屈腱炎発症のドリームルパン、“異例”の幹細胞移植手術へ

                0
                  11/25に美浦トレセンからセグチレーシングステーブルへ移動しています。
                  今後について尾関調教師及び関係者と協議しました。

                  症状は決して軽いものではありませんが、
                  まだ2歳で先のある馬で、能力に関しては関係者一同、
                  素質は良いものを持っており復帰出来ればまだ活躍が期待できるのではないか
                  との結論に達し、幹細胞移植手術を施す事になりました。

                  尾関調教師は「復帰できる確率は慎重に判断して五分との事でしたが、
                  最近では技術も進歩しており症例も上がって来ています。
                  復帰までは決して楽な道のりではありませんが、
                  再起を目指して進めて行きたいと思います」とコメントしていました。
                  なお、ご出資会員の皆様には後日改めて書面にてご連絡申し上げます。
                  (11/26・クラブHP「近況」より)

                  ★クラブHPで「近況の臨時更新」という文字が目に留まり、覚悟を決めました。
                  しかし、実際に書かれていたのはかなり意外な内容です――。
                  「幹細胞移植手術」「屈腱炎」で検索すると、
                  トライアンフマーチ(皐月賞2着ほか)、サンライズプリンス(ニュージーランドT)
                  カジノドライヴ(フェブラリーS2着)、カネヒキリ(G1を7勝)
                  アンライバルド(皐月賞)といった馬名がヒットします。
                  未勝利戦を勝ち上がったばかりの馬には“異例”ともいえる治療方針。
                  将来ここにドリームルパンの名が並ぶことになればよいのですが……。(hiloxx)

                  ドリームルパン、屈腱炎を発症

                  0
                    美浦トレセンに滞在中。
                    11/24に左前浅屈腱部のエコー検査を行いました。

                    診断の結果、
                    屈腱炎を発症しており損傷率は25%程度との診断でした。

                    尾関調教師は「患部は屈腱の真ん中辺りで、影は散ってはおらず
                    集中している状態ですので、私的には軽くはないが重症でもないレベルと思います。
                    何れにせよこのような結果になってしまい申し訳ありません」
                    とコメントしていました。

                    この結果を受け今後について近々に尾関調教師と協議して行きます。
                    (11/25・クラブHP「近況」より)

                    ★すでに結論は出ているのでしょうか。

                    振り上げた“この拳”はどこに…?

                    0
                      11/20の調教後に歩様の乱れが見られたというドリームルパン。
                      水曜日のエコー検査の結果、屈腱炎(損傷率25%)が判明したそうです。

                      わずか2戦のキャリア。
                      その2戦目で大きな変わり身を見せ、初勝利を飾った後だけに、
                      将来の“夢”を一気に打ち砕かれた気分――。
                      本馬に出資されている同志の皆さんも、同じ思いでいらっしゃることでしょう。

                      調教師のコメントは一貫して
                      「そこまで腫れているわけではない」
                      「そこまで酷くはないと思う」
                      と、いわば希望的観測に終始してきたのですが、
                      結果的にはその“診たて”が致命傷になってしまったようです。

                      11/22にクラブHPに掲載された「近況」には、
                      「ダクに(を?)出すと気にする様子」とあります。
                      競走生命を絶たれるほどの大きなダメージを受けている状況でありながら、
                      どうやら乗り運動が続けられていたようなのです。

                      私自身、競走馬の管理について知識があるわけではありませんが、
                      素人目にも、このことが病状悪化につながったのでは……と。
                      続きを読む >>

                      calendar
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << December 2019 >>
                      thermometer cat ?
                      selected entries
                      categories
                      archives
                      recent comment
                      recent trackback
                      links
                      profile
                      search this site.
                      others
                      mobile
                      qrcode
                      powered
                      無料ブログ作成サービス JUGEM